一般社団法人
青森県消防設備保守協会

〒030-0113
青森県青森市第二問屋町4丁目11-6
計量検定グループ庁舎2階
TEL 017-757-8220
FAX 017-757-8221

消防用設備等点検済表示制度

防火対象物(デパート・ホテル・病院等)に設置されている消防用設備等は、いつ火災が発生しても確実に機能を発揮するものでなければなりません。
このため、防火対象物の規模や構造により人命危険度の高い防火対象物にあっては、その消防用設備等を6ヶ月及び1年ごとに消防設備士または消防設備点検資格者に点検をさせて、機能の維持管理を図ると同時に、その結果を消防機関へ報告することが義務付けられています。
この消防用設備等の適正な点検を保証するのが「点検済票(ラベル)」です。
当協会では、点検済表示管理委員会の資格審査によって、一定の条件を満たしていると認められた優良事業所を、「表示登録会員」として認定し、点検済票(ラベル)を交付しています。

点検済票(ラベル)の種類

種類、デザイン、表示する設備や位置が定められています。

種類、デザイン、表示する設備や位置が定められています。

点検済証は、表示登録会員が点検を行った消防用設備等の機能が正常であることを証明するために貼付するものであり、またその「点検責任も明確」にしています。
点検済表示制度は、各都道府県の消防設備協会がユーザーの立場に立って、全国統一的に実施している制度です。
☆ 表示登録会員は、常に最新の知識と技術を身に付けています。
☆ 点検に必要な機器・工具を完備しています。
☆ 業務上の損害賠償責任に対応できる保険に加入しています。
☆ 表示登録会員は、安心して消防用設備等の点検を任せられる有資格者です。
☆ 「安心のしるし」、それが点検済証(ラベル)です。

表示登録会員名簿(PDFファイル:90KB)

パンフレット

点検から報告まで [ PDFファイル:6.6MB ]

≪画像をクリックするとPDFでご覧いただけます。≫
点検から報告まで